:::
:::
一覧: Home > 活動情報
向明徳・駐大阪弁事処長が搭僑計画の学生の訪問を受け、駐大阪弁事処の各セクションの仕事を紹介

向明徳・駐大阪弁事処長は楊慧萍・僑務課長と林育柔・教育課長とともに6月17日、僑務委員会の搭僑計画に参加した戴嘉さん、劉子安さん、謝孟軒さん、向敏萱さん、羅鼎媛さん、王韻媗さんなど、6名の学生の訪問を受けた。向処長は、搭僑計画は台湾の青年が政府の渉外事務と華僑業務の仕事に対する認識を深めることができると述べ、現在日本に留学している6名の学生に、将来卒業後、日本に残り発展、もしくは学業を積み帰国するにしても、学んだことを活かせ、台湾と日本のコミュニケーションの架け橋になることができると激励した。その後、学生たちを弁事処の視察に案内し、弁事処の各セクションの仕事を一つ一つ説明し、落ち着いた温かい雰囲気であった。

向明徳・処長(左5)と搭僑計画の6名の学生の集合写真

駐大阪弁事処の仕事内容を説明する向明徳・処長