:::
:::
一覧: Home > 活動情報
向明徳・駐大阪弁事処長が「名古屋華僑総会」主催の会員懇親食事会に出席

「名古屋華僑総会」は6月18日、会員懇親食事会を開催し、向明徳・処長は楊慧萍・僑務課長とともに出席した。該会の石貴容・会長が急用で台湾へ帰国したため、懇親会は楊敏政・副会長が主催した。向処長は挨拶の中で、日本全国47都道府県のうち、41の議会が台湾のWHA加入を支持する決議文を通過したことを挙げ、残り中の3つは大阪弁事処の管轄内であり、将来日本の各界が台湾の国際組織への参加を継続的に支持することを望むと述べた。

今回のイベントは名古屋華僑総会が3年ぶりに再開し、李世丙・駐日代表処公使、工藤彰三・衆議院議員、牧義夫・衆議院議員、安江伸夫・参議院議員、南部文宏・愛知県議会議員、岩本崇宏・名古屋市議会議長、藤田和秀・名古屋市議会日台議員連盟会長ら約70名が出席し、イベントは盛大で、成功裏に終わった。

懇親食事会の集合写真

挨拶する向処長(左)、李公使(右上)および楊副会長(右下)